人気ブログランキング |

SPARKLING☆CHERRY

a0088007_15401728.jpg

2018年7月に2ndアルバム『Mirage』をリリースし、シティ・ポップやAORファンから絶大なる支持を受けたSPARKLING☆CHERRY。メンバー・チェンジを経て1年ぶりにリリースされる3rdアルバムは、前作からの流れを汲む洗練されたサウンドを軸に、ポップさと美しいメロディ、詞の世界観を生かした期待の1作。前作に引き続き"Light Mellow"で知られる音楽ライターの金澤寿和を総合プロデューサーに、宮崎まさひろ(高中正義・Paradigm Shift)をサポート・ドラマーに迎え、さらにゲスト・ミュージシャンとして山川恵津子、濱田金吾、松下誠、木村誠、小川タカシ(カンバス)、外園一馬ら豪華メンバーが参加。もちろん、ヴォーカリストで全曲の作詞・作曲を手がけるcherryは、本作でもその才能を発揮。透明感とダイナミックさ、繊細さが同居する独特のヴォーカリストとしてのセンスにもさらに磨きがかかり、それを支えるバンドのグルーヴも進化を遂げました。アルバム・タイトルの『Roxy』には、夜明け・煌き・光輝くという意味を込めているが、まさにそんなキラメキ溢れる自信作です。

タイトル:『Roxy』
アーティスト:SPARKLING☆CHERRY
レーベル:FLY HIGH RECORDS
ディストリビューター:ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション
規格番号:VSCF-1771(FRCD-063)
発売日:2019年7月24日発売
価格:2,300円+税(税込 2,484円)

(収録曲目)
1. Summer Time Magic

2. コイウラ

3. Candy

4. キオクの薫

5. Seaside ~interlude~

6. Re☆Start

7. Crazy Love

8. Seaside ~reprise~

9. イマージュ ※曲順は変更の可能性あり

All Songs Written by cherry
All Songs Arranged by SPARKLING☆CHERRY

SPARKLING☆CHERRY
Vocals and Chorus : cherry
Fender Bass : yoshiro
Piano and Keyboards : 青木岳

Electric Guitars : 田村雄太

Special Support
Drums : 宮崎まさひろ

Guest Musicians :濱田金吾, 山川恵津子, 松下誠, 木村誠, 小川タカシ(カンバス), 外園一馬, 小出儀嗣

Sound Produced by SPARKLING☆CHERRY
Supervisor : 濱田金吾
Directed by 土橋一夫 (FLY HIGH RECORDS)
Recording, Mixing and Mastering Engineer : 安部徹
Total Produced by 金澤寿和 (www.lightmellow.com)
Photographs, Illustration, Art Direction and Design : 土橋一夫 (Surf's Up Design)





a0088007_23043377.jpg
SPARKLING☆CHERRY New Album "Mirage" 2018.07.25wed Release!!


a0088007_10503086.jpg





SPARKLING☆CHERRY、彼らの最大の魅力は、明感や可憐さ、芯の強さを併せ持つシンガー、cherryのヴォーカル表現、その曲作りのフレッシュなセンスの良さにある。彼女を支える5人のミュージシャンたちも、それぞれにキャリアを重ねたクロスオーヴァー指向の手練たち。ファンキーに迫ってもオシャレ感覚を失わず、アーバンを気取ったってスピリットは忘れない。しかもそれがバンドの一体感の中から、アロマのように自然に抽出されている。その絶妙なコンビネーションは、まさにミラクル級! そこからハジケ出るリアリティに満ちた歌とサウンドは、確かな手応えを求めるウルサ型音楽ファンの期待に、シッカリと応えるモノだ。

近い将来、SPARKLING☆CHERRYに世代を超える熱い支持が集まることを、密かに確信している自分である。

SPARKLING☆CHERRYプロデューサー/音楽ライター 金澤 寿和(www.lightmellow.com




# by sparkling-cherry | 2020-01-22 23:59 | Release | Trackback | Comments(0)

Live Light Mellow vol.2ご来場ありがとうございました!

a0088007_18101549.jpg
Live Light Mellow vol.2 ご来場下さった満員な皆皆々様
ありがとうございました!

a0088007_18100715.jpg
(Stage photo by Nomura san SP Thanks!!!)

いやあ、緊張しました。そして解き放たれました(笑)
a0088007_18102689.jpg
私たちスパチェリはお昼前から会場入りして入念にサウンドチェック
a0088007_18105765.jpg
a0088007_18101960.jpg
ドラムの音がとても良くてビックリ!!!さすが宮崎さんです157.png169.png
本番でも素晴らしいプレー炸裂で、とてもバンドサウンドが安定していて何より歌いやすい。
幸せな環境で歌わせて頂き本当に感謝です!
a0088007_18200714.jpg
a0088007_18200237.jpg
a0088007_18194939.jpg
照明も豪華です!!

メンバーそれぞれすごいプレッシャーだったと思う。
でもみんな意識してか、楽屋では大爆笑が迷惑にならないかってほどの賑やかさで(笑)

宮崎さんにリラックス体操みたいなん教えてもらってみんな体ブラブラさせてたりしていました(笑)

スパチェリはなんとトップバッター。
昨年は2幕のあたまだったので会場があったまっていたのですが
今年は、金澤さんのオープニングトークの後でしたので
なんだかとても緊張しました。
a0088007_18105334.jpg
いざ歌い始めるととても気持ちよかったです^^
(しかし前日から再び喉の激痛に見舞われ、プロポリススプレーを頻繁に浴びせていた)
a0088007_18233356.jpg
a0088007_18170694.jpg
会場でお配りさせて頂いたフライヤー

アルバムの1曲目 Summer Time Magicで軽快にスタートです。
そして 
a0088007_18253930.jpg
2曲目は、カンバスの小川タカシさんと一緒に「コイウラ」を奏でました。

この曲はLiveでも演奏していたのですが、2019年になってからリアレンジをして、シュガーベイブを意識した仕上がりになりました。
(銀次さんにお話ししたら、どんどんやって!と言われました(笑) )

初公開でしたが、如何でしたでしょうか?

そして、なんと私が銀次さんを恐縮ながら呼び込むスタイル。

a0088007_18303676.jpg
a0088007_18302303.jpg
銀次さんとは昨年もご一緒させて頂いたり、何度かLIVEでも演奏させて頂いていたので
どんどん息もぴったり合ってくる感じがして嬉しかったです!
一緒に大阪行きたいね!とか、終演後に仰って頂けて大変光栄でした^^

1DESTINATION
2こぬか雨
3ウキウキWATCHING
4ディズニーガール
5BABY BLUE

センス溢れる素敵な曲ばかりです。
演奏していてとても楽しい!!!

そして、私たちは一旦ハケて

銀次さんと尾崎亜美さん、小原礼さんとで「瞑想」を。。。

そのまま、亜美さんのステージへバトンタッチ。

亜美さんは、当然の如く初対面でしたが、とてもキュートで素敵でした^^
そしてパワフルなグルーヴ溢れるピアノと歌声は、一瞬客席の息が止まる程の
全体の空気をかっさらうようなステージングで「オリビアを聴きながら」では
楽屋で見ていて、お客さんの息づかいが聞こえてきたようでした。

そして伝説の少女!
あのコード進行と転調の素敵さと 
もうどの曲も名曲すぎて、ただただ溜息。
こんな曲作りたいなあー。まさにフレイバーサウンドです。

そんな亜美さんと小原礼さんとスパチェリで
なんと!
「天使のウインク」を共演させて頂きました。

もう歌詞なんか見なくったって歌えるほど
子供のころとかピアノで真似したりとかしていたやつですよ!

それをまさかのご本人と歌わせて頂く光栄さに緊張していましたら
ステージ上の亜美さんに伝わったのか

「cherryちゃん、一緒にコーラスしてくれるんだよねー♪」

「はい」

「cherryちゃんどう?」

「はい」

もはや緊張しすぎて 「はい」としか言えなかった自分( ゚Д゚)

会場の皆さんに笑われていた気が・・・・

最高に幸せな瞬間を味わわせて頂きありがとうございました!

そして、南佳孝さんと亜美さん、小原さんとで「You've got a friend」

ソウルフルで気持ちよい演奏、さすがのオーラでした!

さあ、トリは南佳孝さん
再びスパチェリ全面サポートです。

1プールサイド
2SCHOTCH AND RAIN
3日付変更線
4柔らかな雨
5モンロー・ウォーク

もうね、カンバスの小川さんが南さんのファンだと言うのを事前に聞いていたんだけど
なんか引いちゃってるから(笑)
南さんとのMCをcherryじゃなく、小川さんで!と「彼がファンなんです」と
おせっかいババーしたら(笑)

南さんはにっこり笑顔で「そうなの?」と言って下さいましたが

結局本番では金澤さんがインタビューをされるスタイルで進行してゆきました^^

そして全キャストがステージに集合して

ラストは名曲
「スローなブギにしてくれ(I want you)」

シャウトです!銀次さんが思いっきりGtソロされたり
亜美さんと礼さんがハモったり、豪華な演奏となりました。

ECは、やはりこの曲でしょう。
「DOWN TOWN」
a0088007_18482489.jpg
Gtソロでカンバスの「ター坊」は美味しいところを持ってってました(笑)
a0088007_18482996.jpg
今年も皆さまのお蔭でとってもあたたかなステージになったのではないかと思います。

客席の笑顔、それぞれ口ずさむお姿 両手を合わせてキラキラした目で見つめる少女のようなお姿を見つめていたら
名曲は、時の流れをも超えさせる、世代を超えてまでも輝き続けるものなのだと
改めて実感しました。
風化させることなく継続してゆくLightMellowな時間は
昨年より若い世代の方もたくさんご来場されている様子が見えて、なんだか嬉しくなりました。

ってお前は金澤さんかよ。
a0088007_18103148.jpg
いえいえ、金澤さんはこちら(笑)

RH中に客席ですごいピンスポ当たったみたいになっていた(笑)


そして制作スタッフの皆さま、会場スタッフの皆さま、キャピタルヴィレッジの皆さま
ありがとうございました!&お疲れさまでした!!

皆様の心のこもったステージ創りがこんなに輝く素敵な会場になったのだと
尊敬致します!

a0088007_18112467.jpg
開演前に楽屋で、アルバム制作中もうお世話になりすぎてる安部徹さん、金澤さんと、メンバー、カンバスのター坊と^^

みんなよくやったー!!!!!!!!!!!!(この時は開演前で緊張の絶頂だったがw)

なんと庄野真代さんが楽屋を訪ねてくださり、出演者に差し入れも持って来て下さり
大感激でした!!!!!!!!!
またご一緒したいなあー。

みんな「お美しい・・・」とじーっと見とれていたのに1人目線が違う。
「カステラだ・・・・」
ドラムの宮崎さんは差し入れに釘付けwww(バウムクーヘンでしたねw)


青木家の差し入れのさくらんぼやお菓子!とても美味しかったです!!
さくらんぼは私のエネルギー(笑)
ありがとうございました!

さあ、私たちはリリースに向けて、ダッシュです!!
がんばります!




# by sparkling-cherry | 2019-06-13 23:09 | live | Trackback | Comments(0)

いよいよ明日!Live Light Mellow vol.2!

a0088007_21170443.jpg
ども。久しぶりに新鮮なドキドキを味わったcherryです。
昨日はLive Light Mellow vol.2の全体RHでした。

スパチェリは、ハウスバンドとして皆さんとご一緒させて頂くので
一番乗りでRH。

そして銀次さんがご登場~
a0088007_21170083.jpg
a0088007_21165046.jpg
なんとドラムの宮崎まさひろさんと銀次さんは意外にも初めてなようで
それなのに相性がぴったり。

銀次さんの最高の音楽に宮崎さんの軽やかなグルーヴがとてもしっくりで
思わず銀次さんが振り返って Goo---d!と親指を立てたのでありました。
そのやりとりがなんかとってもHappyで
スパチェリがお二人を巡り会わせる事が出来たなんてとっても光栄で
思わず二人をカメラに収めてしまいました(笑)

a0088007_21170993.jpg
休憩時間も銀次さんのお話しがとっても面白くてみんなで前のめりで聞いては大爆笑(笑)
朝までだって聞いていたいと思う程
今日も銀次さんは最高でした^^

そして現在曲作り中とのことで、私は銀次さんを独り占めして(笑)
いろいろアドバイスを頂いたのでした。

そして尾崎亜美さんと小原礼さんがいらっしゃり、初めましての大緊張。

お二人ともとても優しく和やかなムードでRHが進んでいきました。

スタジオの構造上 尾崎さん小原さんとスパチェリが対面するように
向かい合って奏でているのですが
もうバンマスは目の前が小原さんだったので、今まで見たこともないような
カチンコチンの無口な関西人になっておりました(爆笑)

cherryはお二人とハモるシーンがあるんですが
とっても気持ちよくて感動でした^^
尾崎亜美さんが鍵盤を弾きながら Gtや鍵盤の音を即座に聴き分けて
素早くご指導下さったり、流石!とお勉強になりました。

ネタばれになるのでここでは書けませんが
すんごい名曲を一緒に歌わせて頂くので
幼少のころの自分に「あなたは将来この曲をご本人と一緒に歌う時がやってくるんだよ」
と耳元で囁いてあげたい(笑)

そうこうしているうちに
南佳孝さんがご登場。すごいオーラをまとって現れました。
みんなカチンコチンに緊張していました(笑)

多分一番  カンバスの小川さんがカチンコチンでした(爆)

でも流石のGtを響かせて下さっております^^

南さんとのRHはけっこう多く時間取って頂いていたんですが
なんとほぼ1発OKな勢いで、驚くほどにスムーズに終了。

バンマスがずーっと「宮崎さんおらな大変やったわ。宮崎さんがいてよかった。よかった」と
呪文のように呟いておりました(笑)


こんなに豪華な皆さんが一堂に会する機会は滅多にございません。
絶対楽しめる内容なので
皆さん是非来て下さい!

なんとわずかですが当日券もあるそうです!
この機会をお見逃しなきよう!
a0088007_21165534.jpg
左下から 熊ちゃん、あ 違った 金澤さん(爆笑)
小原礼さん 尾崎亜美さん 南佳孝さん 伊藤銀次さん 宮崎まさひろさん
左上から cherry 青木岳 田村雄太 小川タカシさん yoshiro

亜美さんに
「ねえねえ、どうしてcherryっていうの~?」と聞かれて
「さ、さくらんぼがす、好きだからです」と即座答えた私

「・・・・・・・・」

一瞬なんか変な間がありました(笑)

なんかすいません(笑)
a0088007_09033901.jpg



# by sparkling-cherry | 2019-06-13 21:46 | diary | Trackback | Comments(0)

ライトメロリハ

a0088007_02164133.jpg
a0088007_02163227.jpg
ども。なかなか連日の疲れが取れず、ちょっとした隙間に転寝してしまい、大事な時間をロスしてしまったような罪悪感、cherryです。

さて、日曜はLive Light Mellow vol.2のバンドRHでした。

あれ?一人多いぞ?と思った?

そうなんですー!

なななんと!

カンバスの小川タカシさんが一緒に奏でて下さる事になりました!!!


a0088007_15401728.jpg

2018年7月に2ndアルバム『Mirage』をリリースし、シティ・ポップやAORファンから絶大なる支持を受けたSPARKLING☆CHERRY。メンバー・チェンジを経て1年ぶりにリリースされる3rdアルバムは、前作からの流れを汲む洗練されたサウンドを軸に、ポップさと美しいメロディ、詞の世界観を生かした期待の1作。前作に引き続き"Light Mellow"で知られる音楽ライターの金澤寿和を総合プロデューサーに、宮崎まさひろ(高中正義・Paradigm Shift)をサポート・ドラマーに迎え、さらにゲスト・ミュージシャンとして山川恵津子、濱田金吾、松下誠、木村誠、小川タカシ(カンバス)、外園一馬ら豪華メンバーが参加。もちろん、ヴォーカリストで全曲の作詞・作曲を手がけるcherryは、本作でもその才能を発揮。透明感とダイナミックさ、繊細さが同居する独特のヴォーカリストとしてのセンスにもさらに磨きがかかり、それを支えるバンドのグルーヴも進化を遂げました。アルバム・タイトルの『Roxy』には、夜明け・煌き・光輝くという意味を込めているが、まさにそんなキラメキ溢れる自信作です。

タイトル:『Roxy』
アーティスト:SPARKLING☆CHERRY
レーベル:FLY HIGH RECORDS
ディストリビューター:ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション
規格番号:VSCF-1771(FRCD-063)
発売日:2019年7月24日発売
価格:2,300円+税(税込 2,484円)

(収録曲目)
1. Summer Time Magic

2. コイウラ

3. Candy

4. キオクの薫

5. Seaside ~interlude~

6. Re☆Start

7. Crazy Love

8. Seaside ~reprise~

9. イマージュ ※曲順は変更の可能性あり

All Songs Written by cherry
All Songs Arranged by SPARKLING☆CHERRY

SPARKLING☆CHERRY
Vocals and Chorus : cherry
Fender Bass : yoshiro
Piano and Keyboards : 青木岳

Electric Guitars : 田村雄太

Special Support
Drums : 宮崎まさひろ

Guest Musicians :濱田金吾, 山川恵津子, 松下誠, 木村誠, 小川タカシ(カンバス), 外園一馬, 小出儀嗣

Sound Produced by SPARKLING☆CHERRY
Supervisor : 濱田金吾
Directed by 土橋一夫 (FLY HIGH RECORDS)
Recording, Mixing and Mastering Engineer : 安部徹
Total Produced by 金澤寿和 (www.lightmellow.com)
Photographs, Illustration, Art Direction and Design : 土橋一夫 (Surf's Up Design)


アルバム概要が発表されましたが
小川さんと一緒に歌わせて頂いている曲を14日のステージで初披露させて頂きます!!!!!

そして更にはハウスバンドとして出演するスパチェリと一緒にcho&Gtでも
一緒に全編奏でて下さる事に!!!!!!!!!


バンマスがまたしきりに cherryさんの手と足のようにコキ使い・・・
てからかわれましたけど

リスペクトですからね!!!(笑)

制作陣もベタ褒めだった今回の小川さんのGtと歌声は
奏でた瞬間、小川さん風味がしっかりと香る。
そのオーラたるや、素晴らしいフレイバーを残して下さいました。

彼はLive Light Mellow vol.1.5にもカンバスで出演。
そしてLIVEではスパチェリと4月に初共演させて頂きました。

透き通る素晴らしい歌声がどのようにスパチェリサウンドと融合したのか
是非聴きに来てください^^
a0088007_09033901.jpg
a0088007_02164856.jpg
お待ちしてますー!

ps:今日の宮崎さんのおやつはTORAYAの羊羹でした(笑)


# by sparkling-cherry | 2019-06-11 02:51 | diary | Trackback | Comments(0)

ボーカルレコーディング終了!!!&アルバムジャケット初公開!!

a0088007_15322478.jpg
ども。魂と心を放出しすぎて出がらしcherryです。
昨日は残りのボーカルレコーディングでした。
ビルボードのヒットチャートTに願掛けしながら(笑)

そして、エンジニア音楽仙人の安部徹さんの元
金澤さんに、土橋さんに、金吾さん、そしてバンマスyoshiroさんの容赦ない(笑)
ディレクションのお蔭様で予定より早く終了しました!!!

時には「放し飼いにしてるとまたやらかすから」とか

時には「ブースの向こう側にメスゴリラがいる」

時には「あ、シャンシャンが戻ってった」


夜一人で枕を濡らしましたよ!!!!!!!!!!136.png


愛情の裏返しですよね。そうよね。

a0088007_15372625.jpg
だってこんなに美味しい差し入れ持っていったもん。

みんなにお蕎麦もおごったし。

Anyway...

とても良い感じで録れました。

金吾さんの歌い手ならではのディレクションが神で、その場で歌い方とかアクセント変わっていったりしたけど、それがもう最高に素敵で、みんなで「ほー!」と感激しました。

まだまだ水面下で作業は続きますが

a0088007_15401728.jpg
じゃじゃん!

そうこうしているうちにアルバムジャケット初公開です。
今回も前回のMirageに続き、土橋さんが描いて下さいました!ありがとうございます!!!


今回本当に素晴らしい大先輩方から、若手の天才プレイヤーまで
皆さんの愛情もたっぷり入った内容に
感謝でいっぱいです。

皆さん、発売は7月24日の予定。

チェックしていて下さいねーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!





# by sparkling-cherry | 2019-06-09 15:45 | diary | Trackback | Comments(0)

アルバムタイトル

a0088007_09291232.jpg
ども。REC中だからかどんなに疲れていても4時間ほどで目が覚めてしまうcherryです。
アドレナリンでしょうか?(笑)

さて、今日はアルバムタイトルの事に触れたいと思います。

曲のタイトルもそうですが、いつも悩みます。表記とか細かい響きまで。
出来上がってから付くパターンと最初から付いているパターンもあります。


今回のアルバムは、どうしようかなーとバンマスに相談しながら
悩んでいたところ

ある時タイトルの事考えていたわけでもなく、ソファーから立ち上がろうとしたとき
ふっと頭の中に響いた、というか聞こえてきた言葉があって
うまく説明できないんだけど「これだ!」と思ったのね。

Roxy

って。(このBLOGじゃ文字体表現できないけど筆記体でさらっと流れてきたの)


すぐさま意味をネットで調べたら(言葉、響き先行だった)
「夜明け」「煌き」「光り輝く」という意味を持っている響きだと知って
(ペルシャ語がおおもとで、そこからギリシャ経由で伝わったっぽいです。)

ゾワゾワー!っと
鳥肌が立ったのでした。

スパチェリにぴったりのタイトルだ!!!

157.png

それで、私は曲でもなんでも先ずはバンマスyoshiroさんのフィルターを
通してどう感じるかを聞くんだけど
「いいんじゃない?」という事で

次は金澤さんやメンバーに伝えて
(だいたいこの時点でNGになったりする場合もある)

そしたら誰も否定しなかった!(笑)

ただサーフブランドとかロキシーミュージックとか
その言葉自体は存在するけど


せっかくピコピコピーンときたものを大切にしたいなと思いました^^

響きも良いし覚えやすいでしょ^^

そしたらね!!!!!!!!!
本当に煌きや輝きのある艶めく、まるで黄金なサウンドに
導かれていったので、わたしゃー興奮しているわけなのです。


だから眠りが浅いのかな?


興奮しているわけなのです!!!!!!!!!(笑)



映像ではゲストをフィーチャリング(ヒューチャリングじゃないよ?w)しているけれども
やはり、色々な苦難や努力や数えきれない緊張感や責任を果たして乗り越えて
共に歩んできた バンマスyoshiroさんと青木さんがいないと
cherryの中では全く音が鳴ってこないのです。

この楽曲たちはこの3人でアレンジに悩み色々なイマジネーションを重ねて
出来たもの。
ゲストを迎えてより自由度の増した音の艶めく本質に
この瞬間を、また一緒に迎えられて良かったなあと
ちょっと落ち着いた今、心の中で思うのであります。

感謝が溢れたアルバムになっています157.png
来月発売予定で動いていますので
皆様お楽しみに!!!!!!

そして!
その中から2曲!SPARKLING☆CHERRYはこのおっきなステージで
生演奏披露させて頂ける事に!!!!!!!!!

何が起こるんだろうー!
スペシャルな夜になりそう。

まだチケットをお求めでない方はお急ぎくださいね!!!!!!!!
お待ちしてますー!!







# by sparkling-cherry | 2019-06-05 10:07 | diary | Trackback | Comments(0)

6月です。

a0088007_12573957.jpg
さしのぼる 朝日の光 へだてなく
世を照らさむぞ 我がねがひなる (昭和天皇)


6月です。
気づけば6月
折り返しの2019年
何が起こるかわからない未来を感じさせる2019

必ずしも闇だけではないという事
光に目を向ければ
光が寄ってくるのかも知れない

その光はわけへだてなく
人々の側にあるのかもしれない


# by sparkling-cherry | 2019-06-01 12:57 | Trackback | Comments(0)

Recording3日目

a0088007_03191360.jpg
ども。予感的中あの時ピコピコピーンと閃いた自分を褒めてあげたいcherryです。

Recording3日目は、カンバスの小川タカシさんをお迎えして・・・
小川さんとは先日のLIVEで共演させていただいて、一緒に「すてきなメロディ」をハモった時に
声質というか、ユニゾンで重ねたらひょっとして良い感じになるかもしれないと
閃いて、今回のアルバムの中の1曲に、とても似合う曲があったので
これは是非一緒にお願いしたいとお伝えしてみたら 即OKを頂き

今回はその曲のVoとChoとギターはエレキとアコギを入れて下さいました。
これがとても良い感じで

何より、小川さんの180cmもの長身とイケメン具合だけではなく
声質と発声の言葉の繋ぎ方が独特のオーラを放っていて、誰にもマネできない唯一無二の声だと思ったのでした。
艶めく声がスパチェリの楽曲にとても似合いました。

a0088007_03191920.jpg
今回ちょっとシュガーベイブ風味な仕上がりになっているのですが、この曲だけとてもシンプル。
シンプルだけに奥が深いので、ドラムの宮崎さんが試行錯誤してくださり
いろんな表情を試しながら慎重に入れてくださったお陰で軽い素敵な仕上がりに!

そして、2曲 絶対夏らしいホーンセクションが必要でした。
昨年も参加してくださった トランペットに 小出儀嗣さんを今年もお迎えして。
いろんな提案下さったり、何より早い!流石のプレイです。
瞬時に曲を飲み込む姿は流石でした!
a0088007_03192675.jpg
あっという間すぎて 歌入れのセッティングやらなにやらで集合写真も撮れなかったのが残念で仕方ありません・・・
でも、きっとまたliveでご一緒したいですね!
エンジニアの安部さんとバリのお話しで盛り上がっておりました^^


実は、当初は予定していなかったのですが

昨日外園さんにも弾いて頂いた、私の中でお気に入りの曲があって
そのサビのユニゾン下部分を男性の声で入れられたらなあと思っていたので
そこも、小川さんに歌って頂いたらこれがまたびっくり!
a0088007_03194780.jpg

似合うんだー!!!!!!!!!!

女子はメロメロ間違いなしです!

みんなには、そんな小川さんなのに cherryさんの手となり足となりコキ使ってると
言われましたけど・・・。(笑)

a0088007_03193867.jpg
なんか偉そうだし↑・・・・
a0088007_03185494.jpg
今年もエンジニア安部さんのお蔭で安心して大船に乗らせて頂きました。
私のメンタルに響きやすい言葉かけを優しく下さるので、とても入りやすい。

そして濱田金吾さんもいらしてくださり、歌入れに寄りそって下さいました。
ボーカリストならではの言葉の響かせ方とか、歌詞の世界観とかを意識させて下さり
勉強になりました!!!!!!!
ありがとうございます165.png114.png

そんな金吾さんは終始小川さんの声を「いいな~」と
小川さんの身長を「いいよな~」と
小川さんの・・・「いいよなあ~」と

その都度大爆笑(笑)

金吾さんにはそんなにセクシーボイスがあるのにも関わらず(笑)
ないものねだりですねw

今日も現場は和気あいあい、とても良い空気が流れておりました。
a0088007_03195774.jpg
皆さんはアルバムで感じてみてくださいね!!!
180cmの間に挟まれる貴重な経験(笑)

集合写真撮り忘れたので、遠足に欠席した子みたいになっちゃったけど、貼りつけてみたw

皆さんありがとうございました!

スムーズに進行したので、最後はみんなで中華でプチ打ち上げ?!(笑)


お陰様で声もだいぶ良くなってカスレもなく良い歌が入れられました。
気管支炎からの声帯炎がずっと続いておりましたが
1ヶ月炭酸とコーヒーと冷たいドリンクを飲まないとか辛いもの食べないとか
四六時中マスクとか
調整してきて間に合った自分を褒めてあげよう。今日だけは・・・・(笑)


残るは、私の残りの歌入れとコーラスのみ。
引き続き精一杯心を込めて・・・・・。





# by sparkling-cherry | 2019-06-01 03:49 | diary | Trackback | Comments(0)

Recording2日目


a0088007_23595217.jpeg
ども。久しぶりに体中の細胞が炭酸みたいに弾けた感覚になったcherryです。

今日はREC2日目のスタジオでした。

外園一馬さんをお迎えして。

a0088007_23594649.jpg
今日は個人的にとても大切な曲を録るのでなんだか緊張していました。

これらの曲をどうしても彼のギターで残したかった私の夢を叶えてくれてありがとう!
外園さん!
a0088007_23550453.jpg
現場は今日も和気あいあい169.png

つくづく思った。あー今私が一番好きなギタリストは誰と聞かれたら、外園さん!と即答するだろう。

全てがもう枠外。想像を超える世界。


前にLive Light Mellow vol.1.5の時も感じたんだけど

みんなが必死に音を捕まえようとしているのならば
彼は勝手に音が寄ってきて 彼のまわりをぐるぐるじゃれてるような
音から寄ってきて吸い付いて戯れてるように見える。

ギターも弾いてるっていうより吸い付いてるような。

そして曲の中に色気を与えてくれる。
表情豊かで何テイクも録ると全部違うのがくる。そして全部いい(笑)

すごいギタリストです。

a0088007_23595980.jpeg
いい音していた2本。

a0088007_23551032.jpg
トータルPの金澤さんもニッコニコでした(笑)


再生回数がすごいことに。
イイネとかリツイートとかありがとうございます^^

外園さんには4曲も参加して頂きました。

仕上がりが楽しみです!!!!!!!

a0088007_23545909.jpg
外園さんありがとうございました!

a0088007_23551561.jpg
そしてみんなで腹ごしらえしてから

ダビング作業に入ったのでした。

明日は最後の1曲のベーシックRECとホーン関係のダビングなどなど

これまたゲストをお迎えしています。

楽しみです!!!!!!!!!


# by sparkling-cherry | 2019-05-31 00:14 | diary | Trackback | Comments(0)

Recordingスタート!!!


a0088007_23253318.jpg
a0088007_23254729.jpg
a0088007_23265397.jpg

ども。朝早くに起きて大量のスパムおにぎりとぬか漬けを作って、皆さんに喜んで頂けるように照り焼き味にしたりして気合入れてたのに、家に忘れてしまい、タクシーで往復したcherryです。

今年もパワーハウススタジオにお世話になります!


スタジオに入ってお出迎えして下さった安部徹さんに「ヘッド!」と抱き着きたくなる程テンションあがってました。

だって、昨年の今ごろもMirageのアルバムはこのスタジオで、みんなで創り上げた思い出が

まるで昨日のような空気でそのままスタジオがあるわけで。

まさかこうして1年後再会してここでまたREC出来るなんて夢にも思っていませんでした。

それもこれもMirageのアルバムを愛聴して下さる皆さんのお蔭様です。


アルバムMirage
連絡を頂きまして、なんと在庫がなくなってしまったそうで
再プレスをしないかと提案頂き、今動き始めています。

まだ1年も経過していないのに!!!!!!!!!!

スパチェリのずっと揺ぎ無くひたすら地に足付けて奏でてきたサウンドが
届いたという事は、この上なき幸せでございます。
本当にありがとー!

そんなリスナーの皆さんに、恩返しすべく
今年も良いアルバムを作ります!

コントロールルームで円になって「みんなで良いアルバム作ろう!オー!」みたいなよろしくお願いします!と
とても威勢良く非常に良い雰囲気で始まりました^^

私たちスパチェリの楽曲に寄り添って下さった豪華なゲストの面々

a0088007_23255786.jpg
Gt:松下誠さん
まさか引き受けて下さるとは思いませんでした。奇跡です!
それもこれも、宮崎さんと金吾さんの存在あってこそ
いろんなご縁がこうして繋がります。
松下誠さんには3曲参加して頂きました。
私の脳内になっているサウンドでほんの1フレーズなんですが、ほんとこれだけは
誠さんの音で聴きたかった!ということでリクエストしたら
1テイクでズッキューンとする音を入れて下さり
バンマスは、「昔ワシの部屋で鳴ってたあの頃の音やこれ!」と興奮していました。
松下誠印、しっかり頂きました。
とっても良い人でお返事が丁寧なので
c「アー今のそれ!すごくよかったです!」
誠「どうもありがとうございますー」
まるで私が上から言ってる人みたいに聞こえちゃうほど(笑)
みんなに笑われましたが・・・

a0088007_23251967.jpg
パーカッションは
木村誠さん
ドラムの宮崎さんご指名です。
「オレとキムチがビタっと合うと、すごいよ❤」て仰るので(笑)
もう1テイクですよ。何もかも。楽曲のストーリーに沿って
そこにあるべき音がちゃんと降り注いでハマてっゆくような気持ちよさ。
そして演奏はがしてドラムとパーカッションだけ聴いた時、鳥肌立ちました。
なんじゃこりゃー!もうグルーヴというより旋風です。これはもう。

a0088007_23475539.jpg
はい、ドヤ顔です(笑)

ドラムの宮崎さんは本当にバンド内ではムードメーカーのように笑いを提供してくださるだけでなく、いろんなアイディアを試したりする事が出来て、1度聴いただけですぐ世界観を表現できる方。
そしてストイック!(笑)

「オレはもうこれ以上のものは出ないよ」と言いつつ、どんどん出ちゃう(笑)

今回のアルバムは宮崎さんがずっとスパチェリに寄りそっていてくれるからこそ実現したので
足を向けて眠れません。そしてますますどんどん大好きになる魅力的な素晴らしいドラマーです。

ドラム好きにはたまらない部分たくさん入ってますのでお楽しみに!

a0088007_23250707.jpg
a0088007_23245324.jpg
濱田金吾さんは言わずと知れた大尊敬なお方。ずっとアルバムの相談に乗って下さったり
金吾さんのスタジオに2回くらいこのアルバムの事で行っちゃったかなw
前日がLIVEでお疲れのところなのに(宮崎さんも松下誠さんも)朝から来てずーっと最後まで
ディレクションして下さり盛り上げてくださり、またそれがほんと的確でするどくて
みんながとても頼りにしていました。
コーラスも!今回のアルバムに金吾さんのお声をまた収録させて頂く事が出来て大変幸せなのでした。

a0088007_23242655.jpg
a0088007_23552663.jpg
そしてなんと!急遽山川恵津子さんがお仕事終わりに駆けつけて下さり
a0088007_23561798.jpg
なんとその場でコーラスの積みを譜面に起こして
金吾さんとcherryと3人でせーので入れました。

この感覚は昨年の杉さんと金吾さんとのコーラスの緊張、更にはデビューアルバムの時の山川恵津子さん、木戸さん、比山さんというプロ中のプロコーラスチームとマイク1本でRECしたあの汗びっちょり具合を思い出すヒトコマ。

有難い事にそれからずっとスパチェリに寄りそっていて下さり、現場の雰囲気も大変明るく楽しいものでした^^
a0088007_23243855.jpg
a0088007_23261065.jpg
ずっとリスナー目線で丁寧に聴いてディレクションして下さった金澤トータルP ありがとうございました!

そして大好きな音楽仙人安部さん。本当にこのお方のお蔭でわたしは大舟に乗らせて頂いています。
感謝です!!!

これで終わりじゃないんですよー

まだまだRECは始まったばかり。


次のスタジオでは
私が魂持っていかれちゃったギタリストのゲスト。
この曲、絶対この方以上に表現して下さる方はいないんじゃないのかと
期待を寄せています。
そして、共演するのがずっと密かな夢だったの(対バンやLIVE一緒に観たりしたことはあったけど)
叶えてくださりありがとうございます!

更に次のスタジオでは
これまた、この曲はこの方とじゃないと成仏しないだろうと
強い思いが沸いてきました。
ラフを先にちょっと聴かせて頂いたら、もうこれが!!
やっぱりぴったりだったー!

ということでドンドン素晴らしいエッセンスが入ってゆきます。

楽しみいしていて下さいね^^
a0088007_00101243.jpg
左から、バンマスyoshiro・松下誠さん・木村誠(キムチ)さん・濱田金吾さん・青木岳・金澤寿和さん・宮崎まさひろさん・安部徹さん
下は左から、山川恵津子さん、田村雄太(タムー)・cherry






# by sparkling-cherry | 2019-05-28 00:17 | music! | Trackback | Comments(0)


スパチェリ☆お問い合わせ:sparklingstarcherry@gmail.com 


by sparkling-cherry

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ライフログ

SPARKLING☆CHERRY

ippo

information!!

スパチェリfacebook
応援よろしくお願いします♪

【LIVE】
★12/20(thu)
SPARKLING☆NIGHT vol.27
下北沢440
open19:00/start19:30 
adv.y3,000/day.y3,500
+1Drink

■J-WAVE
MUSIC HYPER MARKET
投稿の殿堂スパチェリはコチラ
拍手してねฺ(。◕ω◕。)*☆*

youtube

ブログパーツ

最新のコメント

> うりぼーさん ご無..
by sparkling-cherry at 01:23
ご無沙汰しております。 ..
by うりぼー at 21:18
> すずきさん わぁ(..
by sparkling-cherry at 07:17
八王子の友人に会うついで..
by すずき at 00:32
コメントありがとうござい..
by sparkling-cherry at 08:20
新宿の並びはスゴすぎます..
by すずき at 01:07
コメントありがとうござい..
by sparkling-cherry at 23:27
ありがとうございますっ(..
by すずき at 22:15
> 通りすがりさん そ..
by sparkling-cherry at 15:23
カールカレー味は、杉さま..
by 通りすがり at 14:59

カテゴリ

全体
diary
live
music!
Release
photo
good!
cute!

以前の記事

2020年 01月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
東京

画像一覧